2015年08月08日

☆飼育情報01★〜入浴・薬浴・肌トラブル予防〜

チクタク★ダンナ

どうもこんばんは(^^)


飼育施設・設備関係の記事カテゴリーは今まで書いてきましたが、

飼育の仕方についての工夫に関する記事は今までノータッチでした。


そこで、今回から「飼育情報」カテゴリーを新設し、

飼育に関わる情報を書き綴ってみようかと思います。


あくまで個人主観によるところが大きいので、

チクタクさんとこはこうやってるんだー、

的な目線で見ていただけると助かります(^^;ゞ


ではでは、

第一回目として、

先日のお散歩記事


ダイエット大作戦!〜マロン君とお散歩〜


で、反響の多かった、

クロルヘキシジンシャンプーについて、

ウチで使うに至った経緯と、効果。

使い方の詳細について、書き綴ってみたいと思います。(^^)


↑でも書いていますが、

あくまで主観的価値観に基づくものなので、

これが正しいといったことはございませんし、

効果を保証することはできませんので、

ご了承下さい(^^;ゞ




水洗い入浴について

まずこれについてですが、

ハリネズミ飼い的には賛否両論真っ二つに分かれるところかと思いますが、

チクタク家では入浴を”有り”としています。


「ストレス」ということに関してだけ言えば、

入浴・水が苦手なハリネズミにとっては確かに「ストレス」になるのでしょう。


しかし、ハリネズミという動物は、皮膚の弱い生き物で、

清潔に保ってやらなければ、皮膚病等の皮膚トラブルを起こしやすい動物です。


皮膚トラブルを起こしてしまったハリネズミは、

一時の入浴の比ではない程の「ストレス」に苛まれます。

そうならないよう、管理してやるのも、飼い主としての責任だと私は思っています。


砂浴びで、ある程度の清潔さが保たれるのではないか、

という意見もありますし、私もそう思ったりもするのですが、

砂が毛穴に詰まってしまい、それが元で炎症やトラブルも起こす例も少なくないそうで、

皮膚上になにも残らないよう、キレイにするためには、

やっぱり水洗いが一番、ということになってきてしまいます。


それに、ある程度回数を重ねれば、

一応慣れますσ(^_^;

嫌は嫌みたいですが、

なんとか、、、ってぐらいには、、


以上のことから、ウチでは入浴を”有り”とすることになりました。


そこで、

入浴をするにあたって、

どのくらいの頻度で
どのような方法で、どのような物を使って

行うのか良いのか、チクタク家なりに考えてみた結果を書き綴ってみたいと思います。




うちでは1〜2週間に一度程度(不定期)の頻度で、入浴を行っています。

お医者さんによっては、2日に一度とか、

かなりの高頻度での入浴を勧める場合もあるそうですが、

我が家では、ちょっとそこまではできません(^^;ゞ

1〜2週間程度で、身体が少し臭ってくるので、

その臭いを基準に、行っています。

体臭が出てくるということは、それだけ汗をかいたり汚れたりした、という事だと思っています。



また、↑のお散歩記事で紹介しましたように、

散歩等で外出した際には、

必ずケージに戻す前に入浴させるようにしています。


したがって、そろそろ入浴が必要かな??

と思った時に、ついでにお散歩をさせることが、
たまにあります。


シャンプー

これについては、前述の「クロルヘキシジンシャンプー」
20150808001.jpg
という物をウチでは使用しています。

酢酸クロルヘキシジンという成分が、

主な薬用成分で、

「ノルバサンシャンプー」というシャンプーと、

基本的な成分や使い方が同じ物になります。
(クロルヘキシジンシャンプーの方が若干安いです)

主たる効果としては、
殺菌と菌の繁殖抑制と、
皮膚荒れの改善(フケ予防)に効果があります。

真菌や白癬菌のような皮膚病の元になる菌の発生や感染を抑える効果があり、
外出や、何らかの原因でこれらの菌が付着したとしても、これにより殺菌・感染予防をすることができます。
使用後は数日程度、持続性もあるとのこと。

また、シャンプーですので、
洗浄剤とコンディショナーも含まれていますから、
汚れを落としたり、毛並み・毛艶がよくなったりする効果もあります。
あと、いい匂いがしますww

また、その中の洗浄剤の成分(界面活性剤)により、
もしも身体に虫がついていた場合に、
その虫の動きを一時阻害(気絶)させたり、
殺虫したりする効果が期待できます。
(あくまで期待できる程度で、絶対ではありません)
その場合、よくすすいで洗い流してやることが大切です。

もし、ノミ・ダニの予防・駆除が主な目的であった場合は、
ノミ・ダニを予防・駆除する用途のシャンプーやお薬を、
獣医師と相談を元に、別途利用する方が間違いないでしょう。

チクタク家では、とりあえずクロルヘキシジンシャンプーのみで、
今までトラブルに見舞われたことがないので、

定期的な入浴と、外出からの帰還時に、これでシャンプーするようにしています。
(もちろんノミ・ダニ類がいそうな場所や、環境は極力避けて外出しています。)



ネット調べになりますが、
ハリネズミと、フェレットにおいて、
使用実績があり、導入に至りました。

シャンプーに限らず、
基本的にフェレットで使えるかどうか、
ということをよく参考にしています。

体格や食物が近いので、
共通する点が多く、
ハリネズミよりもメジャーなので、
情報が見つかりやすいですσ(^_^;





入浴手順・使い方

ウチでは洗面所を浴槽として使っています。


20150808002.jpg

まず洗面器やバケツ等に、すすぎ用のお湯を貯めておきます。
(蛇口からのお湯を直接かけると、めちゃめちゃビビる子がいますので)

お湯の温度は、人肌程度、それよりすこし温かいくらいが基準です。


20150808003.jpg

洗面台に適量のシャンプーを垂らします。


20150808004.jpg

20150808005.jpg

垂らしたシャンプーに向かって、
できるだけ強い勢いのシャワーをかけて、泡立てて、泡風呂を作ります。


20150808006.jpg

そこにハリさんを投入し、

シャンプー湯を身体にかけてやります。


20150808007.jpg

持ち上げて、お腹をマッサージするように、まんべんなく洗います。

20150808008.jpg

ハリの間は、歯ブラシを使って、隙間までまんべんなくシャンプー湯が行き渡るようこすってあげます。

嫌がらないよう、優しく、ゆっくりしてあげるのが良いかと思います。

20150808009.jpg

20150808010.jpg

20150808011.jpg

20150808012.jpg

泡をまんべんなく、身体全体に乗せてゆき、

体全体を覆ったら、これで5分ほど浸け置きます。

20150808013.jpg

20150808014.jpg

その際に、余裕があれば、爪切りでもしておきましょう。

入浴中は丸まれないので、割りと爪切りしやすいです。

20150808015.jpg

20150808016.jpg

5分程経過したら、洗面器に貯めておいたお湯で、

身体を洗い流してやります。

20150808017.jpg

20150808018.jpg

洗い残しがないように、

持ち上げて、お腹まわり、

背中周り、丁寧にお湯をかけてやります。

20150808019.jpg

20150808020.jpg

流し終えて、浴槽に浸かる、くるみッティの図ww

はぁぁぁ、という声が聞こえてきそうな顔です(^^ゞ笑

20150808021.jpg

20150808022.jpg

浴槽から出して、少し水気を落としたら、

20150808023.jpg

20150808024.jpg

20150808025.jpg

丹念にタオルドライします。

タオルは2枚用意し、

一枚目で、大方の水分を拭きとったら、

2枚目でしっかり仕上げ拭きし、できるだけ水分が残らないようにします。

20150808026.jpg

水気で毛が寝ている間に、

肌トラブルが起きていないか、

目視確認を行います。

20150808027.jpg

20150808028.jpg

終わったらお家(ケージ)に返してあげますが、

20150808029.jpg

20150808030.jpg

20150808031.jpg

必ずおやつでご機嫌取りをして、終わります。

頑張った後は、ご褒美があることを刷り込みたい、、、

伝わってるといいんですが(^^;ゞ

20150808032.JPG

くるみちゃん、お疲れ様でした♪


以上までが、我が家での入浴のひと通りとなります。

でわでわ、今回はこれでおしまいです。

お読み下さいまして、ありがとうございましたm(__)m


★ブログランキングに参加しています(*´ω`*)★
にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村
posted by チクタク夫婦 at 20:33| 香川 ☀| Comment(10) | 飼育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。